ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 日本はなぜ、「戦争ができる国」になったのか
  • 日本はなぜ、「戦争ができる国」になったのか

  • 日本はなぜ、「戦争ができる国」になったのか
  • 日本はなぜ、「戦争ができる国」になったのか

日本はなぜ、「戦争ができる国」になったのか

  • 矢部宏治/著 矢部 宏治
    1960年、兵庫県生まれ。慶応大学文学部卒業後、(株)博報堂マーケティング部をへて、1987年より書籍情報社代表

  • ページ数
    318p
  • ISBN
    978-4-7976-7328-9
  • 発売日
    2016年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,200 (税込:1,296

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ベストセラーとなった前作、『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』をはるかに上まわる衝撃の真実!日本の戦後史に、これ以上の謎も闇も、もう存在しない!
目次
序章 六本木ヘリポートから闇の世界へ(外務省の高級官僚も知らない「横田空域」
日本には国境がない ほか)
1 ふたつの密約―「基地」の密約と「指揮」の密約(「基地権密約」と「指揮権密約」
日本政府の対応 ほか)
2 ふたつの戦後世界―ダレスVS.マッカーサー(朝鮮戦争直前―マッカーサー・モデルの崩壊
朝鮮戦争の勃発―「基地権問題」の決着と「指揮権問題」の浮上)
3 最後の秘密・日本はなぜ、戦争を止められないのか―継続した「占領下の戦時体制」(第1次交渉の合意まで(~1951年2月9日)
マッカーサーの解任(1951年4月11日) ほか)
あとがき 私たちは、なにを選択すべきなのか(独立のモデル
フィリピン・モデル―「米軍撤退条項」と「加憲型」の改憲 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

実は、改憲せずとも、米政府と米軍部の判断次第で「日本をあらゆる戦争に参加させうる」『指揮権』。
日本人の誰も知らない謎の権力の存在と異常な成立過程を初めて証明。
参院選を直前に、全日本人必読の衝撃の書!(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中