ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ねこの看護師ラディ
  • ねこの看護師ラディ

  • ねこの看護師ラディ
  • ねこの看護師ラディ

ねこの看護師ラディ

  • 渕上サトリーノ/文 上杉忠弘/絵 渕上 サトリーノ
    1974年生まれ。映像・デザインディレクター。書籍の編集・執筆も手がけ、犬を題材にした『白いソニア』(自由国民社)はベストセラーとなった

    上杉 忠弘
    1966年、宮崎県生まれ。イラストレーター。セツ・モードセミナー卒業。映画「コララインとボタンの魔女」のコンセプトアートで、第37回アニー賞最優秀美術賞を日本人として初めて受賞。ディズニー映画「ベイマックス」でもコンセプトアートを担当し、物語の舞台づくりを手がけた

  • シリーズ名
    講談社の創作絵本
  • ページ数
    〔32p〕
  • ISBN
    978-4-06-133288-1
  • 発売日
    2016年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

【お知らせ】2017年11月17日より店舗受取り(送料無料)の条件が変更になりました。
詳しくはこちら

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • これは本当にいるねこのおはなしです。動物のケアをする「奇跡のねこ」が感動的で美しい絵本になりました。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 27cm
対象年齢 幼児 小学12年生
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

ポーランドの動物保護シェルターで暮らすある黒猫の、実際にあったお話を絵本にしました。

 ある日、シェルターに黒い子猫が運び込まれてきました。重い病気で、全身の毛も抜けていました。
「せめて少しでも楽に死なせてあげよう」スタッフたちはみんなそう思ったほどでした。
 それでも、小さな体で一生懸命生きようとして、数ヶ月後、奇跡的に回復したのです。
 あるとき、シェルターに今度は車にはねられ大けがをした犬がやってきました。
 黒猫は、ベッドに苦しそうに横たわる犬をじっと見ていましたが、そっと近づいて、犬にぴったりと寄りそって、体をなでつけはじめました。
 大きな犬を怖がる気配はまったくありません。
 いつしか、ふるえていた犬は落ち着いて、静かに眠りはじめました。
 それが、猫が看護師として働きはじめた最初でした--。

 看護ねこ・ラディのけなげな姿に、絵本を読む人も元気づけられます。
 映画「ベイマックス」のコンセプトアートを手がけた上杉忠弘のイラストによる美しい絵本です。
(「近刊情報」より)

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

2016年に出た猫の絵本です。昨今、「猫ブーム」といわれていて、猫を取り扱った作品が増えてきています。なので、この本を書店で見かけたときは「また猫の本か」くらいにしか思っていませんでした。でも、読み聞かせに行った先で別の読み手の人が、「この本いいですよ~」といっていたので、気になって読んでみました。なんと、この絵本の主人公の猫「ラディ」は実在する猫だったのです!猫の看護師って、どういうこと?って思うでしょ?ラディは看護師というより「セラピー」に近い感じでした。実際のラディの写真が最後に載っていました。小学校の低学年以上なら十分聞けると思います。はっきりした絵で字も大きめなので、読み聞かせには使いやすそうです。また、猫好き、動物好きの人はぜひ一度手に取って読んでほしいです。ちなみにうちの動物好きの上の娘は、「可愛いのぅ。可愛いのぅ」と、何度も見返してました。(てんぐざるさん 40代・埼玉県 女の子21歳、女の子16歳)

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中