ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 昭和の歌藝人三波春夫 戦争・抑留・貧困・五輪・万博

  • 昭和の歌藝人三波春夫 戦争・抑留・貧困・五輪・万博

昭和の歌藝人三波春夫 戦争・抑留・貧困・五輪・万博

  • 三波美夕紀/著 三波 美夕紀
    1958年(昭和33年)、三波春夫の長女として東京都に生まれる。19歳のときに「三波春夫歌舞伎座特別公演」で女優デビュー。舞台、テレビで仕事をした後、31歳から11年間、三波春夫のマネージャーを務める。現在は三波クリエイツ代表

  • ページ数
    235p
  • ISBN
    978-4-86581-052-3
  • 発売日
    2016年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

メーカーに在庫確認

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 戦争とシベリア抑留、焦土・復興と成長、浪曲から歌謡曲へ。「チャンチキおけさ」など数々のヒット曲で国民的歌手と言われ、東京五輪、大阪万博の歌は日本中で歌われ、時代をつくった!
目次
プロローグ 東京五輪音頭
第1章 浪曲家への道、戦火の語り
第2章 歌手への新たなる挑戦
第3章 歌う、書く、生きる
第4章 その軌跡は昭和の歴史
第5章 歴史を語り、歌う
エピローグ 終りなき歌藝の道

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

不世出の大歌手は昭和の日本人そのもの!

三波春夫(1923年~2001年)は、数々のヒット曲を出し、唯一「国民的歌手」といわれた昭和の大歌手。戦前、新潟で小学生の頃から、浪曲を田んぼのあぜ道で大声で披露、評判に。13歳で上京、米屋や魚河岸で丁稚奉公、16歳で日本浪曲学校入学、一年半後、南条文若の名で初舞台。20歳で召集され満州へ、終戦後、22歳~26歳までシベリアに抑留。

1957年に三波春夫に改名、歌手デビュー。「チャンチキおけさ」、東京オリンピック(東京五輪音頭)、大阪万国博(世界の国からこんにちは)の歌などが大ヒット。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 昭和の歌藝人三波春夫 戦争・抑留・貧困・五輪・万博
  • 昭和の歌藝人三波春夫 戦争・抑留・貧困・五輪・万博

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中