ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • アイヌの遺骨はコタンの土へ 北大に対する遺骨返還請求と先住権

  • アイヌの遺骨はコタンの土へ 北大に対する遺骨返還請求と先住権

アイヌの遺骨はコタンの土へ 北大に対する遺骨返還請求と先住権

  • ページ数
    300p
  • ISBN
    978-4-8461-1604-0
  • 発売日
    2016年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,400 (税込:2,592

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 19世紀後半から1970年代まで、北海道大学を中心に全国の大学の教授らが、北海道やサハリン、千島列島など各地のアイヌ・コタンの墓地を曝いて、大量の人骨と副葬品を研究室に持ち去った…。今も大量の遺骨を保管する北大を相手に返還訴訟を起こしたアイヌたちの闘いを通して、先住権を無視したまま日本政府が進める「名ばかりのアイヌ政策」を告発する。
目次
大量のアイヌ遺骨がなぜ全国の大学にあるのか
フォト・リポート アイヌ墓地「発掘」の現場を訪ねる
第1部 コタンの墓地を暴いた者たちへ(私が北海道大学に文書開示請求した理由
肉親の眠る墓を掘られた母の遺言 ほか)
第2部 発掘遺骨「白老再集約」の人権侵害を告発する(アイヌ民族の遺骨を欲しがる研究者
これでいいのか?政府主導の新アイヌ民族政策 ほか)
第3部 北海道大学はアイヌ遺骨を返還せよ(城野口ユリさんの意見陳述
小川隆吉さんの意見陳述 ほか)
第4部 先住民族の遺骨返還の潮流(われらが遺骨を取り戻すまで―アラスカの返還運動
ワイラウバー(ニュージーランド)へのマオリ遺骨返還 ほか)
北大開示文書研究会のとりくみ

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • アイヌの遺骨はコタンの土へ 北大に対する遺骨返還請求と先住権
  • アイヌの遺骨はコタンの土へ 北大に対する遺骨返還請求と先住権

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中