ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 空室が日本を救う! ―――イノベーティブ企業22社からの提言

  • 空室が日本を救う! ―――イノベーティブ企業22社からの提言

空室が日本を救う! ―――イノベーティブ企業22社からの提言

  • 谷正男/監 谷 正男
    株式会社全国空室対策協議会代表取締役社長。株式会社アットオフィス代表取締役会長。大手不動産仲介会社(取締役営業部長)を経て1998年、不動産ベンチャー企業を創業。2000年、同社のマーケティング担当部門として「アットオフィス」を設立。2003年に顧客CTIシステム、2006年に物件CTIシステム「1DAYUPシステム」(特許申請)、2007年にメール物件紹介システム「ビルケンドットコム」などのシステムを開発。得意分野はシステム開発、営業教育、マーケティング

  • ページ数
    233p
  • ISBN
    978-4-478-06924-0
  • 発売日
    2016年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • インバウンド・介護・育児・女性活用・働き方改革…日本が抱える諸問題を解決するカギは空室にあった!こんな手があったのか!空室活用が導く6つの未来。


    日本社会が抱える課題の一つに空き家、空きビルなどがある。この課題解決に必要なのが発想の転換、アイデアである。人口が減少し、若者たちのワーキングスタイルが変わりつつある今、スペースの用途を単に住まいやオフィスに限定する従来型の発想では、本当の意味での課題解決には結びつかない。外国人や企業、シングルマザーなど入居困難者や介護、保育、クラウドソーシングなどといった用途で空きスペースを必要とする人が増えている現状を鑑み、自由な発想でスペースを活用していく事こそが解決の糸口となる。そして、こうした取り組みは空室問題の解決だけではなく、女性就労や子育て支援、医療、介護、インバウンドなど、一見空室とは関連性がないようにも思える様々な日本の課題を一括して解決する可能性を秘めている。そこで、本書では画期的な発想で空室問題の解決にあたる20社の実例や知見、ビジネスモデルを紹介する。
目次
序章
第1章 ワーキングスタイル革命
第2章 街づくり
第3章 女性活用
第4章 介護・介助
第5章 不動産価値向上
第6章 インバウンド

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 空室が日本を救う! ―――イノベーティブ企業22社からの提言
  • 空室が日本を救う! ―――イノベーティブ企業22社からの提言

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中