ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 前漢国家構造の研究

  • 前漢国家構造の研究

前漢国家構造の研究

  • 楯身智志/著 楯身 智志
    1980年神奈川県生まれ。現職:早稲田大学文学学術院非常勤講師・中央大学文学部兼任講師。専門:漢代制度史・政治史。学歴:2002年國學院大學文学部史学科卒業。2011年早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程修了、博士(文学)取得

  • シリーズ名
    早稲田大学学術叢書 46
  • ページ数
    627,11p
  • ISBN
    978-4-657-16702-6
  • 発売日
    2016年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

7,400 (税込:7,992

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

目次
序章 先行研究の総括と問題の所在
第1章 民爵賜与の起源と変遷
第2章 功臣層の形成―劉邦集団の内部構造と「諸侯子」・「宦皇帝者」
第3章 高祖功臣位次考
第4章 「郡国制」の形成と展開
第5章 官吏登用制度の変遷と「官爵」の形成
第6章 劉氏淮南王国の興亡
第7章 宗正の政治的役割より見た皇帝・諸侯王関係
終章 総括と展望
附章 帝賜の構造と「爵制的秩序」

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 前漢国家構造の研究
  • 前漢国家構造の研究

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中