ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 子どもにえらばれるためのスクールソーシャルワーク

  • 子どもにえらばれるためのスクールソーシャルワーク

ポイント倍率

子どもにえらばれるためのスクールソーシャルワーク

  • ページ数
    158p
  • ISBN
    978-4-7614-0779-7
  • 発売日
    2016年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,000 (税込:2,160

メーカーに在庫確認

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 子どもの最善の利益をベースに、スクールソーシャルワークの“いま”を考える。文科省の「スクールソーシャルワーカー活用事業」が導入されて8年。認知度も上がり、スクールソーシャルワーカーの人数も増加の流れにある。形だけの展開にならないように、いま一度スクールソーシャルワーカーが何を考え、どのように行動すればいいかを考えるための一冊。
目次
1章 スクールソーシャルワークの動向と基本的な考え方
2章 子どもの権利と貧困問題
3章 生徒指導とスクールソーシャルワーク
4章 特別支援教育とスクールソーシャルワーク
5章 スクールソーシャルワーカーと教職員との相互作用による子どもと家庭のエンパワメント
6章 子どもを取り巻く地域社会をつむぎ育むスクールソーシャルワーカー
7章 学校事故・事件とスクールソーシャルワーク―校内で起きる「子どもの人権侵害」ケースをどう考えるか?
8章 子どもたちが抱える問題とスクールソーシャルワーク

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 子どもにえらばれるためのスクールソーシャルワーク
  • 子どもにえらばれるためのスクールソーシャルワーク

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中