ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • SWITCH VOL.34NO.4(2016APR.)

  • SWITCH VOL.34NO.4(2016APR.)

SWITCH VOL.34NO.4(2016APR.)

  • 巻の書名
    小泉今日子原宿プレイバック
  • ページ数
    156p
  • ISBN
    978-4-88418-479-7
  • 発売日
    2016年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

900 (税込:972

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 特集:小泉今日子

    KOIZUMI KYOKO:HARAJUKU 2016 REVISITED
    原宿百景再訪

    10代、20代、30代、40代を通して歩いた「原宿」をあらためて振り返りながら、
    2016年50歳を迎える小泉今日子の現在を原宿の街並に重ねる、永久保存版特集。

    「なぜ原宿だけが、」
    この問いの先は2つに分かれる。
    「なぜ原宿だけが、変わり続けられるのか?」
    「なぜ原宿だけが、変わらないでいられるのか?」
    というように。

    この9年間、小泉今日子は40代を通して原宿の街を歩き続けた。
    「原宿百景」というタイトルの小誌連載。
    3カ月に1度、半日かけて3号分のロケ撮影をして、ゲストを2人招き2号分の対談をして、
    後日、原宿にちなんだ1号分のエッセイを書く。

    ひたすらその作業を続け、昨年末に文字どおり「100回」を数えて完結した。

    原宿では「街」も「人」も「ファッション」も、光の速さで移ろい変わりゆく。
    実際この連載を始めた2007年からでさえ、撮影した建物がある日突然なくなったり、
    ふと気づくとテナントが入れかわっていた。

    そして同時に、明治神宮が鎮座し、その参道である表参道が中心をなすこの街は、
    だからこそ、いつまでも「清く正しく美しく」、若者たちが安心して遊び、
    ユースカルチャーを発信する街であり続ける。

    連載を続けて、何度も繰り返し感じたこと。
    それは、「原宿は小泉今日子にとても似ている」ということだった。

    今年もう一度、50代を迎える小泉今日子と一緒にあらためて原宿を歩いた。
    懐かしいはずの街並は、まるで見知らぬ風景のようにも思えた。

    「なぜ小泉今日子だけが、」
    この問いの先は2つに分かれる。
    「なぜ小泉今日子だけが、変わり続けられるのか?」
    「なぜ小泉今日子だけが、変わらないでいられるのか?」
    というように。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 28cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • SWITCH VOL.34NO.4(2016APR.)
  • SWITCH VOL.34NO.4(2016APR.)

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中