ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 老人病棟 高齢化!こうしてあなたは“殺される”。

  • 老人病棟 高齢化!こうしてあなたは“殺される”。

老人病棟 高齢化!こうしてあなたは“殺される”。

  • 船瀬俊介/著 船瀬 俊介
    1950年福岡県生まれ。食品・医療・環境問題に取り組むジャーナリスト。日本消費者連盟の活動に参加、「消費者レポート」の編集などを経て、独立。1980年代には化粧品の危険性を、1990年代には電磁波の問題を、2000年代には抗ガン剤の無効性をいち早く告発し、時代の一歩先を行く視点がつねに注目を集めている。2000年5月に長女を医療ミスにより失う

  • ページ数
    317p
  • ISBN
    978-4-87723-199-6
  • 発売日
    2016年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,400 (税込:1,512

メーカーに在庫確認

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 日本人の10人に9人が、病院のベッドの上で、チューブまみれ、薬漬けで、苦悶まみれ、苦痛まみれで、体を痙攣させながら、息を引き取ることになる。高齢者が死を迎える「老人病棟」ベッドは、かくも悲惨である。その衝撃事実を知っていただきたい。他人事ではない。それは、明日は我が身となる。
目次
プロローグ あなたは、薬漬け、チューブまみれで死にたいか?
第1部 愛するひとは、殺された…―もう、悲しみを、くり返さない(微熱で入院が一八時間で苦悶死
過剰点滴で殺された八二才の母
ちょっと検査が四日目に危篤
妻は二七種の「劇薬」投与で急死
脳ドックに引きずりこまれ、夫は死んだ)
第2部 現代医療の神は“死神”だ―目的は、莫大利益、結果は、死体の山脈…(老人を、殺していくらの「香典医療」―“延命”ではなく、病院最後の「荒稼ぎ」
「高速点滴」、老人殺しの必殺ワザ―ここぞとばかり大量点滴、遺体はまさに“溺死体”
医療の目的は、“殺す”こと―病院の正体は有料“人間屠殺場”である
クスリをやめれば「病気」は治る―薬が病気を慢性化させ、悪化させている
「検査」を受け、カンオケで帰る―「検診」の正体は、病人狩りの仕掛け罠だ
「降圧剤」は老人の薬漬けの第一歩―「高血圧」は、菜食、少食だけですぐ治る
食わなきゃ、誰でも治る「糖尿病」―インスリン注射地獄で財布も体もボロボロ
「心臓病」も菜食シフトで劇的改善―ベジタリアンは心臓病死が八分の一以下に
「ガン」ほど治りやすい病気はない?―病院に行くな!行った人より四倍生きるぞ)
エピローグ 少食×菜食×筋トレで、さあ、100歳超えだ!

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 老人病棟 高齢化!こうしてあなたは“殺される”。
  • 老人病棟 高齢化!こうしてあなたは“殺される”。

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中