ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 「暮しの手帖」とわたし

  • 「暮しの手帖」とわたし

「暮しの手帖」とわたし

  • 大橋鎭子/著 大橋 鎭子
    1920年生まれ。1948年、花森安治とともに雑誌『暮しの手帖』を創刊。社長兼編集者として生涯を出版に捧げた。1994年、東京都文化賞受賞。2013年、永眠

  • ページ数
    269p
  • ISBN
    978-4-7660-0200-3
  • 発売日
    2016年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

900 (税込:972

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 戦後間もなく「しずこさん」は、のちの名編集者・花森安治と出会い、暮らしがもっとおしゃれに、豊かになるアイデアを集めた雑誌『暮しの手帖』を創刊。28歳の女性がともした小さな灯は、日本の家庭をあたたかく包む大きな光となっていった。激動の昭和を駆け抜け、戦後の暮らしの復興に灯をともし続けた「しずこさん」、93年の物語。
目次
1 花森安治と出会う
2 子ども時代、そして父と母、祖父のこと
3 第六高女時代
4 戦時中の仕事、そして暮らし
5 『暮しの手帖』の誕生
6 『暮しの手帖』一家
7 手紙でつづるアメリカ視察旅行
8 『暮しの手帖』から生まれたもの
9 すてきなあなたに

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 16cm
対象年齢 一般
版数 ポケット版

ページの先頭へ

閉じる

  • 「暮しの手帖」とわたし
  • 「暮しの手帖」とわたし

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中