ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 異類婚姻譚
  • 異類婚姻譚
  • 異類婚姻譚

  • 異類婚姻譚
  • 異類婚姻譚
  • 異類婚姻譚

異類婚姻譚

  • 本谷有希子/著 本谷 有希子
    1979年生まれ。2000年、「劇団、本谷有希子」を旗揚げし、主宰として作・演出を手がける。2006年上演の戯曲『遭難、』により第10回鶴屋南北戯曲賞を史上最年少で受賞。2008年上演の戯曲『幸せ最高ありがとうマジで!』により第53回岸田國士戯曲賞受賞。2011年に小説『ぬるい毒』で第33回野間文芸新人賞、2013年に『嵐のピクニック』で第7回大江健三郎賞、2014年に『自分を好きになる方法』で第27回三島由紀夫賞を受賞

夫婦の不可思議を軽妙に描く、第154回芥川賞受賞作

  • ページ数
    166p
  • ISBN
    978-4-06-219900-1
  • 発売日
    2016年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

【お知らせ】2017年11月17日より店舗受取り(送料無料)の条件が変更になりました。
詳しくはこちら

数量:

1,300 (税込:1,404

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 子供もなく職にも就かず、安楽な結婚生活を送る専業主婦の私は、
    ある日、自分の顔が夫の顔とそっくりになっていることに気付く。
    「俺は家では何も考えたくない男だ。」と宣言する夫は
    大量の揚げものづくりに熱中し、いつの間にか夫婦の輪郭が混じりあって…。

    「夫婦」という形式への違和を軽妙洒脱に描いた表題作ほか、
    自由奔放な想像力で日常を異化する、三島賞&大江賞作家の2年半ぶり最新刊!

あわせて買いたい、よく一緒に購入されている商品

商品を選択してください

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

「ある日、自分の顔が旦那の顔とそっくりになっていることに気が付いた。」
――結婚4年の専業主婦を主人公に、他人同士が一つになる「夫婦」という形式の魔力と違和を、
軽妙なユーモアと毒を込めて描く表題作ほか、「藁の夫」など短編3篇を収録。
大江健三郎賞、三島由紀夫賞受賞作家の2年半ぶり、待望の最新作!

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中