ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • テレワーク導入による生産性向上戦略

  • テレワーク導入による生産性向上戦略

テレワーク導入による生産性向上戦略

  • 古川靖洋/著 古川 靖洋
    1962年兵庫県神戸市に生まれる。1985年慶應義塾大学商学部卒業。1992年慶應義塾大学大学院商学研究科後期博士課程単位取得。1998年関西学院大学総合政策学部助教授。2003年関西学院大学総合政策学部教授。2005年厚生労働省在宅勤務実態調査委員会委員(~2006年)。2006年博士(商学)(慶應義塾大学)。(社)日本テレワーク協会アドバイザー(~現在)。2007年University of Washington,Michael G.Foster School of Business,Visiting Scholar(~2008年)

  • シリーズ名
    関西学院大学研究叢書 第181編
  • ページ数
    209p
  • ISBN
    978-4-8051-1076-8
  • 発売日
    2015年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

【お知らせ】2017年11月17日より店舗受取り(送料無料)の条件が変更になりました。
詳しくはこちら

数量:

2,700 (税込:2,916

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

目次
第1章 日本におけるテレワークへの取り組み
第2章 テレワークのメリットとデメリット
第3章 テレワークと知識マネジメント
第4章 テレワークに関する懸念と効果
第5章 テレワーク導入企業におけるオフィスワーカーの生産性向上要因
第6章 テレワークとテレワーカーの生産性
第7章 テレワークとオフィスワーカーの動機づけ
終章 テレワークの成功のために

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm

ページの先頭へ

閉じる

  • テレワーク導入による生産性向上戦略
  • テレワーク導入による生産性向上戦略

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中