ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 真田幸村逆転の決断術 相手の心を動かす「義」の思考方法

  • 真田幸村逆転の決断術 相手の心を動かす「義」の思考方法

真田幸村逆転の決断術 相手の心を動かす「義」の思考方法

  • 野中根太郎/著 野中 根太郎
    早稲田大学卒。海外ビジネスに携わった後、翻訳や出版企画に関わる。海外に進出し、日本および日本人が外国人から尊敬され、その文化が絶賛されているという実感を得たことをきっかけに、日本人に影響を与えつづけてきた古典の研究を更に深掘りし、出版企画を行うようになる。近年では古典を題材にした著作の企画・プロデュースを手がけ、様々な著者とタイアップして数々のベストセラーを世に送り出している

  • ページ数
    238p
  • ISBN
    978-4-416-71595-6
  • 発売日
    2015年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

【お知らせ】2017年11月17日より店舗受取り(送料無料)の条件が変更になりました。
詳しくはこちら

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 英傑が下した人生の決断をひも解き、ビジネス・人間関係に役立つ処世術を学ぶ。家系図。年表。人物相関図付き。
目次
第1章 混乱の中で、日本人の礎が築かれた―天文10年(1541年)‐天正10年(1582年)武田家時代
第2章 不遇の時代にこそ、縦横無尽に躍動せよ―天正10年(1582年)‐天正13年(1585年)真田家苦難の時代
第3章 人を見、話を聞き、自らを成長させる―天正14年(1586年)‐慶長3年(1598年)幸村の修行時代
第4章 大義を貫く決断が、自らを飛翔させる力になる―慶長5年(1600年)関ヶ原の戦い
第5章 たとえ苦境でも、自らを磨き、高められる―慶長5年(1600年)‐慶長19年(1614年)雌伏の時代
第6章 満を持して、大義を実現する―慶長19年(1614年)大坂冬の陣
第7章 義に生き、華と散る美しさ―慶長20年(1615年)大坂夏の陣

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 真田幸村逆転の決断術 相手の心を動かす「義」の思考方法
  • 真田幸村逆転の決断術 相手の心を動かす「義」の思考方法

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中