ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 科学で打つ「サイエンステニス」 捻りがスピードを生む

  • 科学で打つ「サイエンステニス」 捻りがスピードを生む

科学で打つ「サイエンステニス」 捻りがスピードを生む

  • シリーズ名
    Parade Books
  • ページ数
    103p
  • ISBN
    978-4-434-20928-4
  • 発売日
    2015年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

お急ぎ店舗受取りについて

数量:

1,200 (税込:1,296

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • スピードは支点と力点の同軸回転で生まれる。プロペラ・スクリュー・車輪のメカニズム。鋭い小さいボディーターンが加速度を作る。「インナーテニス」と「サイエンステニス」のコラボレーション。
目次
ボディターンに注目
「サイエンステニス」の登場
「インナーテニス」と「サイエンステニス」
サイエンステニスの追究
テコの原理が身体力学の基本である
テコの原理によるスピードと力の関係
究極のテコの原理 新理論の誕生
加速度について
テコの原理を応用したトップスピン打法
スローモーションが200キロ超のスピードを生む
両手打ちは理想の打法
テコの原理を応用した「フィンガーグリップ」
テイクバックからフォワードスイングへの切り替え
グリップエンドでヒットする
フォアは右の壁、バックは左の壁
ゼロポジションをキープし続ける

商品詳細情報

フォーマット 単行本
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 科学で打つ「サイエンステニス」 捻りがスピードを生む
  • 科学で打つ「サイエンステニス」 捻りがスピードを生む

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中