ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 亡国の農協改革 日本の食料安保の解体を許すな 畢生の問題作

  • 亡国の農協改革 日本の食料安保の解体を許すな 畢生の問題作

ポイント倍率

亡国の農協改革 日本の食料安保の解体を許すな 畢生の問題作

  • 三橋貴明/著 三橋 貴明
    経世論研究所所長。1969年生まれ。東京都立大学(現・首都大学東京)経済学部卒業。外資系IT企業等数社に勤務した後、中小企業診断士として独立。データに基づいた経済理論が高い評価を得ており、デフレ脱却のための公共投資推進、反増税、反TPPのリーダー的論客として注目されている

  • ページ数
    302p
  • ISBN
    978-4-86410-438-8
  • 発売日
    2015年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,389 (税込:1,500

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「市場競争、世界に打って出る」に騙されるな!日本農業と地域社会は浮沈一体。
目次
第1章 日本国家「存亡の危機」(安全保障と亡国
安全保障の強奪)
第2章 日本の食料安保の急所(穀物輸入大国・日本
アメリカ穀物産業の日本市場開拓
食料安全保障を握る「Z社」)
第3章 農業・農協への「既得権批判」がさらけ出す無知(規制緩和とは何なのか?
日本の真の地域消滅は、農協改革から始まる)
第4章 協同組合と農協の真実(公益資本主義と株主資本主義
協同組合とは何か
農地改革とショック・ドクトリン
農地協同組合の誕生
デフレ下の六次産業化の「愚」
株式会社と協同組合連合会
農協の組織を解説する)
第5章 亡国の農協改革(准組合員とアメリカ商工会議所
JA全中の切り離し
農協の理事会改革と全農の株式会社化
恐怖の農業委員会法・農地法の改正
特区とTPP
日本の農業の進むべき道)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 亡国の農協改革 日本の食料安保の解体を許すな 畢生の問題作
  • 亡国の農協改革 日本の食料安保の解体を許すな 畢生の問題作

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中