ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 初代クラウン開発物語 トヨタのクルマ作りの原点を探る

  • 初代クラウン開発物語 トヨタのクルマ作りの原点を探る

初代クラウン開発物語 トヨタのクルマ作りの原点を探る

  • 桂木洋二/著 桂木 洋二
    フリーライター。東京生まれ。1960年代から自動車雑誌の編集に携わる。1980年に独立。それ以降、車両開発や技術開発および自動車の歴史に関する書籍の執筆に従事

  • ページ数
    184p
  • ISBN
    978-4-87687-340-1
  • 発売日
    2015年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,944

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 初代クラウンの開発において、トヨタの技術陣が挑んだことは外国の技術に頼らず、「日本人の頭と腕」で“純国産車”を開発することであった。その開発を担当した技術者の証言をもとに語ったドキュメント。
目次
クラウン開発計画のスタート
どんなコンセプトのクルマにするか?
戦後の混乱と経営危機
労働争議と朝鮮戦争特需
板金モデルによるスタイルの検討
車両開発主査第1号
国産技術か技術提携か
乗り心地とフレームの問題
意欲的な追求―サスペンション
エンジンマウントとパワートレーン
スタイリングに磨きをかける
エンジン性能及びコストとのたたかい
試作車の完成とテスト走行
マスターRR型乗用車の開発
“観音開きのクラウン”の完成
クラウンのその後と輸出
大主査、そして大参与

商品詳細情報

フォーマット 単行本
対象年齢 一般
版数 増補新訂版

ページの先頭へ

閉じる

  • 初代クラウン開発物語 トヨタのクルマ作りの原点を探る
  • 初代クラウン開発物語 トヨタのクルマ作りの原点を探る

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中