ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 3.11が破壊したふたつの神話 原子力安全と地震予知

  • 3.11が破壊したふたつの神話 原子力安全と地震予知

3.11が破壊したふたつの神話 原子力安全と地震予知

  • 常石敬一/著 常石 敬一
    1943年生まれ。1966年東京都立大学理学部物理学科卒業。長崎大学教養部教授、神奈川大学経営学部教授を経て、神奈川大学名誉教授。専門は科学史、科学社会学

  • シリーズ名
    神奈川大学評論ブックレット 38
  • ページ数
    105p
  • ISBN
    978-4-275-02014-7
  • 発売日
    2015年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,000 (税込:1,080

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

目次
3.11までの社会(正常化…
原子力利用と国際機関
日本の原子力開発のアキレス腱は地震 ほか)
国策と神話(原子力発電安全神話の深まり―電源三法からスリーマイル島事故まで
チェルノブイリ事故と日米原子力協定
原子力と宇宙開発そして地震予知を先導した政治家 ほか)
3.11以後の社会(核燃料サイクル―原子力発電の巨大な負の面を隠蔽するシステム
原理的に無理な挑戦―原子力開発と地震予知
ムラ社会が革新を阻害する ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 3.11が破壊したふたつの神話 原子力安全と地震予知
  • 3.11が破壊したふたつの神話 原子力安全と地震予知

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中