ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 子育て期の母親の自己効力感を支える都市環境整備の研究

  • 子育て期の母親の自己効力感を支える都市環境整備の研究

子育て期の母親の自己効力感を支える都市環境整備の研究

  • 吉田ゆり/著 吉田 ゆり
    長崎大学教授。博士(現代社会)、臨床心理士。専門領域は発達臨床心理学。1990年早稲田大学第二文学部卒業。1992年早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了。1996年鹿児島純心女子短期大学講師。2002年鹿児島純心女子大学国際人間学部講師。2004年より助教授。2006年より准教授、2010年より教授。2012年長崎大学教育学部准教授。2013年京都女子大学大学院現代社会研究科博士後期課程修了、博士(現代社会)。2014年長崎大学教育学部教授

  • ページ数
    384p
  • ISBN
    978-4-7599-2084-0
  • 発売日
    2015年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

10,000 (税込:10,800

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 子育て支援の問題を都市環境と関連して論述。
目次
第1部 序論(問題
都市環境整備に関する施策の分析
母親の外出を説明する理論の整理と研究の枠組み)
第2部 実証的研究(子育て期の母親の外出に関する実証的研究(都市環境整備に関する母親のニーズ調査
子育て期の母親の自己効力感と都市環境:外出への同行調査から))
第3部 結論

商品詳細情報

フォーマット 単行本

ページの先頭へ

閉じる

  • 子育て期の母親の自己効力感を支える都市環境整備の研究
  • 子育て期の母親の自己効力感を支える都市環境整備の研究

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中