ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 樹は語る 芽生え・熊棚・空飛ぶ果実

  • 樹は語る 芽生え・熊棚・空飛ぶ果実

樹は語る 芽生え・熊棚・空飛ぶ果実

  • 清和研二/著 清和 研二
    1954年山形県櫛引村(現鶴岡市黒川)生まれ。北海道大学農学部卒業。北海道林業試験場で広葉樹の芽生えたばかりの姿に感動して以来、樹の花の咲き方や種子散布の精妙な仕組みに驚きながら観察を続けている。近年は天然林の多種共存の不思議に魅せられ、戦後開拓の放棄田跡に天然林を模して木々を植えながら暮らしている。現在、東北大学大学院農学研究科教授

  • ページ数
    266p
  • ISBN
    978-4-8067-1496-5
  • 発売日
    2015年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,400 (税込:2,592

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 老樹が語る、いのちを繋ぐ木々の気持ち―森をつくる樹木は、さまざまな樹種の木々に囲まれてどのように暮らし、次世代を育てているのか。発芽から芽生えの育ち、他の樹や病気との攻防、花を咲かせ花粉を運ばせ、種子を蒔く戦略まで、80点を超える緻密なイラストで紹介する。長年にわたって北海道、東北の森で研究を続けてきた著者が語る、落葉樹葉樹の生活史。
目次
序章
第1章 水辺に生きる(ハルニレ―春楡
イヌコリヤナギ―犬行李柳
オニグルミ―鬼胡桃)
第2章 明るい撹乱跡地でひたむきに生きる(シラカンバ―白樺
ケヤマハンノキ―毛山榛の木)
第3章 老熟した森で生きる(イタヤカエデ―板屋楓
ウワミズザクラ―上溝桜
トチノキ―栃の木
ミズキ―水木
ミズナラ―水楢)
第4章 森の中の隙間で育つ(ホオノキ―朴の木
クリ―栗)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 樹は語る 芽生え・熊棚・空飛ぶ果実
  • 樹は語る 芽生え・熊棚・空飛ぶ果実

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中