ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 戦後日本の社会思想史 近代化と「市民社会」の変遷

  • 戦後日本の社会思想史 近代化と「市民社会」の変遷

戦後日本の社会思想史 近代化と「市民社会」の変遷

  • 小野寺研太/著 小野寺 研太
    1982年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。現在、東京大学大学院総合文化研究科学術研究員および埼玉大学ほか非常勤講師

  • ページ数
    316,26p
  • ISBN
    978-4-7531-0326-3
  • 発売日
    2015年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,400 (税込:3,672

メーカーに在庫確認

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 戦後70年の歴史を“市民社会”という言葉をキーワードにして、「自由な市民が社会とどのように向き合おうとして来たか」というテーマをめぐる社会認識の歴史、戦後日本の“近代化”をめぐる壮大な思想史でもある。
目次
第1章 戦中期の市民社会概念―統制経済論と生産力論(“近代”再編の戦中的文脈
普遍的“近代”への軌道修正 ほか)
第2章 「人民」の水平的紐帯―戦後初期の内田義彦(講座派マルクス主義と市民社会概念
「人民」に「市民社会」 ほか)
第3章 戦後社会の文化変容と市民社会編―六〇年代の内田義彦戦後社会の文化変容
「市民社会」の主体像
第4章 「自治」のリアリズム―松下圭一の思想遍歴(「市民」政治学の思想原理
「大衆社会」と「二重構造」 ほか)
第5章 二つの正統派批判―市民社会論的社会主義(「西欧」知識人マルクスへの原点回帰
「依存関係」の世界史把握 ほか)
第6章 「市民社会」とユートピア―見田宗介/真木悠介の社会理論(“近代”認識の転回
「歴史」と「構造」 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本

ページの先頭へ

閉じる

  • 戦後日本の社会思想史 近代化と「市民社会」の変遷
  • 戦後日本の社会思想史 近代化と「市民社会」の変遷

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中