ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 家で天寿を全うする方法 病院での延命を目指さない生き方

  • 家で天寿を全うする方法 病院での延命を目指さない生き方

家で天寿を全うする方法 病院での延命を目指さない生き方

  • 太田秀樹/著 太田 秀樹
    1953年、奈良市に生まれる。医学博士。全国在宅療養支援診療所連絡会事務局長。日本大学医学部を卒業後、自治医科大学大学院を修了。自治医科大学整形外科医局長・専任講師を経て、1992年、在宅医療を旗印に、栃木県小山市におやま城北クリニックを開業。さらに、在宅療養支援診療所4ヵ所、訪問看護ステーション、老人保健施設等を運営する医療法人アスムス理事長として在宅医療を推進している

  • ページ数
    180p
  • ISBN
    978-4-86581-018-9
  • 発売日
    2015年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,400 (税込:1,512

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 誰にも、平均寿命-健康寿命=虚弱化した期間が約10年間あります。何かの支援なしには過ごせない自分の終章をどうするか!?最後まで病院まかせは悲劇です!在宅医療で悪魔のスパイラルから脱出を!ゴールは長寿ではなく「天寿」を!
目次
第1章 誰も避けられない「虚弱化した期間」の過ごし方(悪魔のスパイラルに巻きこまれないで生きる
医療に頼ればなんとかなるという幻想を捨てる ほか)
第2章 元気なうちに自分の終章に備える(日本では足腰が弱ったら人間らしく生きられない
在宅医療の理想形がここにある ほか)
第3章 在宅医療には不思議な力がある(医療よりも大事なことがある
高齢者の晩年を幸せにするには ほか)
第4章 医療・介護制度を知ることから(日本の医療の歴史の原点
治せない病気をささえる取り組み ほか)
第5章 天寿をささえる人々が動きだす(天寿とは何かの答えを自分で出す
水、メシ、クソ、運動の4大ケアと胃ろうはずしをする ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
対象年齢 一般

商品のおすすめ

在宅医療で、悪魔のスパイラルから脱出を

人は誰しも、平均寿命と健康寿命の間に、何かの支援や援助がなければ生活できない虚弱化した期間が約10年ある。そのときどうするか?元気なうちに考えておかないととんでもないことになると、二十数年前に大学病院の医師をやめ、在宅医療をやり続けている著者は警鐘を鳴らす。

入院することで「病気は治ったが歩けなくなった」「認知症が進んだ」といった現実。病院で過剰な治療を受けるより、残存するポテンシャルを最大限ひきだして、やすらかに人生を全うするほうが幸せ、と在宅で人生の終章を過ごす方法を説く。どうすれば在宅医療が可能か、その方法が明らかになる!(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 家で天寿を全うする方法 病院での延命を目指さない生き方
  • 家で天寿を全うする方法 病院での延命を目指さない生き方

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中