ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 日本復帰と反復帰 戦後沖縄ナショナリズムの展開

  • 日本復帰と反復帰 戦後沖縄ナショナリズムの展開

日本復帰と反復帰 戦後沖縄ナショナリズムの展開

  • 小松寛/著 小松 寛
    1981年沖縄県生まれ。2004年早稲田大学社会科学部卒業。2006年早稲田大学社会科学研究科修士課程修了。2009年早稲田大学社会科学部助手(~2011年)。2011年早稲田大学社会科学研究科博士後期課程単位取得退学。2012年日本学術振興会特別研究員PD(~2015年)。2013年博士(学術)学位取得(早稲田大学)。現在、年早稲田大学社会科学部助教。専門は国際関係論、戦後沖縄史

  • シリーズ名
    早稲田大学学術叢書 43
  • ページ数
    338p
  • ISBN
    978-4-657-15707-2
  • 発売日
    2015年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

6,900 (税込:7,452

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

目次
戦後沖縄の帰属論争とは何か
第1部 日本復帰(屋良朝苗の日本復帰運動の原点―1953年の全国行脚
日本復帰の論理―民族・平和・国家・天皇
「本土並み」復帰をめぐる日本‐沖縄間の交渉過程
1970年前後における琉球政府による尖閣諸島問題への対応)
第2部 反復帰(反復帰論の淵源―1950年代の『琉大文学』を中心に
反復帰論の構造と特質
反復帰論における日本側知識人の影響―ヤポネシアとアナキズム
反復帰論と沖縄独立論)
日本と沖縄、国家と民族

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 日本復帰と反復帰 戦後沖縄ナショナリズムの展開
  • 日本復帰と反復帰 戦後沖縄ナショナリズムの展開

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中