ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 日本はなぜ、アメリカに金を盗まれるのか 狙われる日本人の金融資産

  • 日本はなぜ、アメリカに金を盗まれるのか 狙われる日本人の金融資産

ポイント倍率

日本はなぜ、アメリカに金を盗まれるのか 狙われる日本人の金融資産

  • ベンジャミン・フルフォード/著 フルフォード,ベンジャミン(Fulford,Benjamin)
    1961年カナダ生まれ。80年代に来日。上智大学比較文化学科を経てカナダのブリティッシュ・コロンビア大学を卒業。『日経ウィークリー』記者、『フォーブス』アジア太平洋局長を務める。その後、フリージャーナリスト、ノンフィクション作家として活躍中

  • ページ数
    254p
  • ISBN
    978-4-86201-663-8
  • 発売日
    2015年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 世界経済を支配してきた「ドル発行詐欺ビジネス」は破綻寸前!崩壊するアメリカは日本の金融資産に狙いをつけ、TPPで郵政、年金、農協マネー総額500兆円の収奪を企てる。アベノミクスは失敗!操られる安倍政権は天文学的な借金の連帯保証人となる―アメリカが「世界の富」を奪う仕組まれたビジネスモデルの実態を暴く!!
目次
第1章 AIIBの衝撃―誰が日本を不参加に追い込んだのか?
第2章 ゴールド・ウォー―リーマン・ショック後に起こった金争奪戦争
第3章 アジア王族の金―歴史の動乱期に暗躍する「影のフィクサー」
第4章 世界を歪めたドル詐欺システム―政府紙幣を目指すBRICS
第5章 奪われた大英帝国「ポンド」―覇権国家に潜むアシュケナージ国際金融資本
第6章 「株式会社USA」―世界を支配した「ブラック企業国家」のオーナー
第7章 イスラム国の恐怖―世界中に広がるPMCテロネットワーク
第8章 アベノミクスの「正体」―安倍政権と軍需産業の濃密な関係

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 日本はなぜ、アメリカに金を盗まれるのか 狙われる日本人の金融資産
  • 日本はなぜ、アメリカに金を盗まれるのか 狙われる日本人の金融資産

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中