ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 暮らしを変える驚きの数理工学

  • 暮らしを変える驚きの数理工学

暮らしを変える驚きの数理工学

  • 合原一幸/編著 占部千由/著 近江崇宏/著 阿部力也/著 長谷川幹雄/著 鈴木大慈/著 合原 一幸
    東京大学生産技術研究所教授、同最先端数理モデル連携研究センター長。1954年生まれ。東京大学大学院工学系研究科博士課程修了。東京大学大学院工学系研究科教授、同新領域創成科学研究科教授等を経て、現職。内閣府が日本のトップ30の研究を支援したFIRST(最先端研究開発支援プログラム)で複雑系数理モデル学研究のリーダーも務めた。専門はカオス工学、数理工学。脳などを対象に数理モデルの構築を行なっている

  • シリーズ名
    ウェッジ選書 53
  • ページ数
    281p
  • ISBN
    978-4-86310-140-1
  • 発売日
    2015年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • がんの投薬スケジュール、インフルエンザの防御対策、余震をすぐ予測。問題解決に即アプローチ―使える学問・数理工学!
目次
第1章 数学で実世界の様々な複雑系問題に挑む
第2章 パンデミックを数理モデリングする
第3章 本震直後からの迅速な大きな余震の予測
第4章 デジタルグリッドが実現する新しい電力の仕組み
第5章 複雑系数理モデル学に基づいた通信システムの最適化への新しいアプローチ
第6章 機械が現実を学習する

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
対象年齢 一般

商品のおすすめ

インフルエンザの感染経路特定や地震の余震予知など、現代社会に活かされている数理工学の魅力とおもしろさをわかりやすく解説。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 暮らしを変える驚きの数理工学
  • 暮らしを変える驚きの数理工学

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中