ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 固体電子構造論 密度汎関数理論から電子相関まで

  • 固体電子構造論 密度汎関数理論から電子相関まで

固体電子構造論 密度汎関数理論から電子相関まで

  • 藤原毅夫/著 藤原 毅夫
    1944年生まれ。1967年東京大学工学部物理工学科卒業。2007年東京大学大学院工学系研究科を定年退職。2007年より東京大学大学総合教育研究センター。東京大学名誉教授。工学博士

電子構造の理解,そして方法論開発へ前進するに必携の書

  • シリーズ名
    物質・材料テキストシリーズ
  • ページ数
    233p
  • ISBN
    978-4-7536-2302-0
  • 発売日
    2015年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

4,200 (税込:4,536

メーカーに在庫確認

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 本書は,量子力学と統計力学および物質の構造に関する初歩的知識で,物質の電子構造を自分で考えあるいは計算できるようになることを目的としている.電子構造の理解,そして方法論開発へ前進するに必携の書である.
目次
1 結晶の対称性と電子の状態
2 電子ガスとフェルミ液体
3 密度汎関数理論とその展開
4 1電子バンド構造を決定するための種々の方法
5 金属の電子構造
6 正四面体配位半導体の電子構造
7 電子バンドのベリー位相と電気分極
8 第一原理分子動力学法
9 密度汎関数理論を超えて
付録(第一原理電子構造計算における数値計算の諸問題
第一原理分子動力学法における数値計算の諸問題
第一原理電子構造計算プログラム・パッケージ)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 固体電子構造論 密度汎関数理論から電子相関まで
  • 固体電子構造論 密度汎関数理論から電子相関まで

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中