ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 寺院消滅 失われる「地方」と「宗教」
  • 寺院消滅 失われる「地方」と「宗教」

  • 寺院消滅 失われる「地方」と「宗教」
  • 寺院消滅 失われる「地方」と「宗教」

寺院消滅 失われる「地方」と「宗教」

  • 鵜飼秀徳/著 鵜飼 秀徳
    1974年、京都市右京区生まれ。成城大学卒業後、報知新聞社に入社。事件・政治担当記者を経て、日経ホーム出版社(現日経BP社)に中途入社。月刊誌「日経おとなのOFF」など多数のライフスタイル系雑誌を経験。2012年から「日経ビジネス」記者。これまで社会、政治、経済、宗教、文化など幅広い取材分野の経験を生かし、企画型の記事を多数執筆。近年は北方領土問題に関心を持ち、2012年と2013年には現地で取材を実施、発信している。正覚寺副住職

寺院経営の現状を、ビジネス誌記者が徹底ルポ

  • ページ数
    278p
  • ISBN
    978-4-8222-7917-2
  • 発売日
    2015年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,728

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • あなたの菩提寺がなくなる?人口減に伴って衰退する寺院経営の現状を、ビジネス誌記者が徹底ルポ。
目次
1章 地方から寺と墓が消える(島を去る住職、来る住職―ある在家出身僧侶の奮闘記 長崎県宇久島
地方と都市を彷徨う墓地―福沢諭吉のミイラと改葬 東京都ほか ほか)
2章 住職たちの挑戦(「ゆうパック」で遺骨を送る時代
火葬場で読経一〇分、増える「直送」 ほか)
3章 宗教崩壊の歴史を振り返る(寺は消えてもいいのか
鹿児島が迎えた寺院・僧侶の「完全消滅」 ほか)
4章 仏教教団の調査報告(浄土宗―過疎地にある正住職寺院へのアンケート
曹洞宗―宗勢調査・檀信徒意識調査 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

「坊主丸儲け」「寺は金持ち」というイメージは強いが、日本のお寺は、かつてないほどの危機に瀕している。菩提寺がなくなり、お墓もなくなってしまった――。こんな事態が現実になろうとしている。

中でも地方のお寺の事態は深刻だ。高齢化や過疎は檀家の減少につながり、寺の経営を直撃する問題となっている。寺では食べていけないことから、地方の寺では、住職の跡継ぎがいない。しかし、寺は地域住民の大切なお墓を管理しなければならないため、簡単に廃寺にしたり、寺を移転したりすることはできないのが現実だ。

一方、都会で働くビジネスパーソンにとって、お寺やお墓は遠い存在であり、お寺との付き合いは「面倒」で「お金がかかる」ばかり。できれば「自分の代からはもう、お寺とは付き合い合いたくない」と、葬儀は無宗教で行い、お墓もいらない、散骨で十分という人も増えている。

経営の危機に瀕するお寺と、お寺やお墓はもういらないと言う現代人。この問題の根底には、人々のお寺に対する不信感が横たわっている。僧侶は、宗教者としての役割を本当に果たしてきたのか。檀家や現代人が求める「宗教」のあり方に応えることができているのか。

地方崩壊の根底に横たわる寺の消滅問題について、日経ビジネスの記者が全国の寺や檀家を取材し、徹底的にルポ。芥川賞作家の玄侑宗久氏らのインタビューを交えてこの問題に迫る。

お寺やお墓、そして地域の縁を守ろうと必死で努力する僧侶たちの姿と、今だからこそ、仏教に「救い」を求めて集まる現代人の姿が見えてくる。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中