ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 高校生と考える日本の問題点

  • 高校生と考える日本の問題点

高校生と考える日本の問題点

  • シリーズ名
    桐光学園大学訪問授業
  • ページ数
    334p
  • ISBN
    978-4-86528-115-6
  • 発売日
    2015年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 内田樹、姜尚中、森山大道、伊東豊雄をはじめとする講師陣が、
    中高生に向き合っているからこその本音で、
    日本の問題点を語りました。
    経済のこれから、憲法の考え方、日本史の真実、
    宇宙の仕組み、そしてコミュ力まで、
    これ一冊でいまの常識(の限界)と現実が見えてくる。
    この社会はいつまで続くのか?
    白熱1800分!

    内田樹
    「指導者層の大人で君たちの幸福を考えている大人はほとんどいない」

    姜尚中
    「どうしたら人を信頼できるか。漱石はそのことを考えた人です」

    伊東豊雄
    「建築を自然に近づけることで、人間は変わってゆきます」
目次
第1章 これからの生き方(生きる力を高める―内田樹
つながることと認められること―斎藤環 ほか)
第2章 社会の仕組み(見方を変えれば本当のことが見えてくる―金子勝
新しい民主主義をつくろう―宇野重規 ほか)
第3章 日本人の足跡(平凡の中の偉大―姜尚中
グローバリゼーションの中の江戸時代―田中優子 ほか)
第4章 ことばと芸術の力(建築ってなんだろう?―伊東豊雄
写真を撮るということ―森山大道 ほか)
第5章 三・一一といま(リスクで物事を考える―美馬達哉
三・一一後の日本と、人の命―金森修 ほか)
第6章 科学の方法(光触媒で未来を開く―藤嶋昭
この宇宙は何からできているのか―小林富雄 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 中学生 高校生 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 高校生と考える日本の問題点
  • 高校生と考える日本の問題点

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中