ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 偏光伝搬解析の基礎と応用 ジョーンズ計算法の基礎と偏光干渉,偏光回折,液晶の光学

  • 偏光伝搬解析の基礎と応用 ジョーンズ計算法の基礎と偏光干渉,偏光回折,液晶の光学

ポイント倍率

偏光伝搬解析の基礎と応用 ジョーンズ計算法の基礎と偏光干渉,偏光回折,液晶の光学

  • 小野浩司/著 小野 浩司
    1963年岡山県生まれ。1985年大阪大学・基礎工学部・物性物理工学科卒業。1987年大阪大学大学院・基礎工学研究科・物理系専攻・博士前期課程修了。(株)クラレ中央研究所。1996年長岡技術科学大学・電気系講師。1998年長岡技術科学大学・電気系助教授。2004年長岡技術科学大学・電気系教授。この間1992年~1993年東京大学・理学部・物理学科研究員。博士(工学)(1995年4月、大阪大学)

「偏光制御機能」をの実用的な参考書として好適の書

  • ページ数
    212p
  • ISBN
    978-4-7536-5034-7
  • 発売日
    2015年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,800 (税込:4,104

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 偏光伝搬解析技術の習得にはねじれ配向も含め液晶の多様な光学異方性分布中の偏光伝搬を解析する技術の紹介が最適な道と著者が考慮し,「液晶」を取り上げ,偏光伝搬解析の応用を解説する.様々な場面での偏光伝搬解析のための光学の基礎から実際の適用例までを読み通せるよう工夫.
目次
第1部 偏光伝搬解析の基礎―偏光の基礎、回折、干渉、ホログラフィ(光波伝搬と偏光の基礎
異方性媒体中の光波伝搬
Matrix光学による偏光解析
光波干渉の基礎
光回折の基礎
時間領域差分法(FDTD法))
第2部 偏光伝搬解析の応用―液晶とベクトルホログラム解析を中心として(液晶の分子配向と光学
ベクトルホログラム)

商品詳細情報

フォーマット 単行本

ページの先頭へ

閉じる

  • 偏光伝搬解析の基礎と応用 ジョーンズ計算法の基礎と偏光干渉,偏光回折,液晶の光学
  • 偏光伝搬解析の基礎と応用 ジョーンズ計算法の基礎と偏光干渉,偏光回折,液晶の光学

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中