ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 不安の力 不確かさに立ち向かうこころ

  • 不安の力 不確かさに立ち向かうこころ

不安の力 不確かさに立ち向かうこころ

  • 坂野登/著 坂野 登
    1962年、京都大学大学院文学研究科博士課程単位修了。翌年、文学博士。ライプチッヒ大学医学部臨床神経生理学部門研究助手(1964‐1966)、京都大学教育学部助教授・教授(1970‐1997)。ライプチッヒ大学心理学研究所ブント記念講座客員教授(1980‐1981)、神戸親和女子大学教授、名古屋女子大学教授などを歴任。現在、京都大学名誉教授。専門は教育神経心理学

  • ページ数
    248,13p
  • ISBN
    978-4-326-29907-2
  • 発売日
    2015年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,700 (税込:2,916

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 不安は、ネガティブで否定すべきだけのものだろうか。誰しもが抱く普通の感情のはたらきを知ることで、生き抜いていくための力となす。
目次
序章 不安ですべてが始まる
第1章 不安とはどのような感情なのだろうか
第2章 フロイトによる不安の精神分析的理解
第3章 グレイによる不安の神経心理学的理解
第4章 フロイトとグレイの不安論の特徴
第5章 感情を進化の適応的過程として理解する
第6章 質問紙は不安を本当に測っているのだろうか
第7章 不安を脳波で測る
第8章 不安はパーソナリティでありこころの変化の中継路である
第9章 不安の力とは何だろうか

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

不安の時代を生きる私たちは、不安とどのように向きあえばいいのだろうか。本書は不安を身体的なものと認知的なものに分類し、進化論、精神分析、心理学、脳科学といった視点から、不安がどのようにあらわれるかを読み解く。そして、不安が目の前の不確かさに対処し、積極的に問題解決に向かう心の機能であることを明らかにする。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 不安の力 不確かさに立ち向かうこころ
  • 不安の力 不確かさに立ち向かうこころ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中