ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 脳の学校ワークブック

拡大

  • 脳の学校ワークブック

脳の学校ワークブック

  • 加藤俊徳/著 加藤 俊徳
    1961年新潟県生まれ。医師、医学博士。昭和大学医学部卒業、同大大学院修了後、現・独立行政法人国立精神・神経医療研究センター、米ミネソタ大学放射線科MR研究センター、慶應義塾大学、東京大学での勤務・研究活動を経て、経在「脳の学校」代表。1万人以上の脳画像分析に従事、MRI画像診断のスペシャリストとして活躍

  • ページ数
    127p
  • ISBN
    978-4-591-14274-5
  • 発売日
    2015年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

お急ぎ店舗受取りについて

数量:

1,000 (税込:1,080

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 物忘れが気になる、うっかりミスが増えてきた…これは年齢のせいではなく、脳との付き合い方のモンダイです!曜日別プログラムで、脳をまんべんなく刺激。「発見」&「感動」のワーク、本日開講!
目次
ステージ1 ふだん使わない脳を動かす(ワンパターン思考を撃退!―思考系脳番地1
喜怒哀楽で脳を動かす―視覚系脳番地1 ほか)
ステージ2 脳のはたらきを意識する(始める前から限界を作らない―思考系脳番地2
小さな変化に気づくコツ―視覚系脳番地2 ほか)
ステージ3 脳番地同士をつなげる(レッツ「出たとこ勝負力」―思考系脳番地3
見たい、知りたいが大切です―視覚系脳番地3 ほか)
ステージ4 脳の個性を伸ばす(「生活計算力」を高めましょう―思考系脳番地4
見えないものを想像する―視覚系脳番地4 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19×26cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

物忘れがひどい、うっかりミスも増えてきた……、これは、老化のせいではなく、脳との付き合い方のモンダイです。
脳の成長には、年齢制限がありません。また、若返りを促すには、「記憶」や「運動」といった機能(脳番地)を、まんべんなく耕すことが大切です。本書は、計算ドリルやパズルといった単なる脳トレ本ではありません。身近な暮らしを題材にした曜日ごとのワークで、モノの見方や行動を大きく変化させ、懐かしい記憶をエンジンに、気持ちと脳を若返らせます。
いまや4人にひとりは認知症、もしくは予備軍といわれる日本。
人生を刻む大切なパートナーである脳を、楽しみながら鍛えられる一冊です。

脳がみるみる成長! 
本書、3つのオリジナルメソッド
1脳番地をバランスよく使う――曜日別ワーク
2手、足、顔をしっかり動かす――毎日のエクササイズ
3「何食べた?」「誰と話した?」―― 健康管理にも役立つダイアリー(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 脳の学校ワークブック

拡大

  • 脳の学校ワークブック

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中