ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 反博物館論序説 二〇世紀日本の博物館精神史

  • 反博物館論序説 二〇世紀日本の博物館精神史

ポイント倍率

反博物館論序説 二〇世紀日本の博物館精神史

  • ページ数
    278,14p
  • ISBN
    978-4-87739-262-8
  • 発売日
    2015年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,000 (税込:3,240

メーカーに在庫確認

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ●満洲国、戦前・戦中・戦後日本を貫く博物館精神史 満洲国の新博物館態勢、日本の大東亜博物館、地域博物館、第三世代の博物館、企業博物館、ミューズランド…。それらはすべて、否定される博物館を構えていた。発展史観という仮構を生かされたのが、20世紀日本の「博物館」であった。しかし、宮澤賢治「銀河鉄道の夜」のプリオシン海岸でボスの化石を発掘する大学士と、日本モンキーセンターの広瀬鎮は、「反博物館」を先駆的に体験していたのであった。

商品詳細情報

フォーマット 単行本

商品のおすすめ

・満洲国、戦前・戦中・戦後日本を貫く博物館精神史
満洲国の新博物館態勢、日本の大東亜博物館、地域博物館、第三世代の博物館、企業博物館、ミューズランド…。それらはすべて、否定される博物館を構えていた。発展史観という仮構を生かされたのが、20世紀日本の「博物館」であった。

ページの先頭へ

閉じる

  • 反博物館論序説 二〇世紀日本の博物館精神史
  • 反博物館論序説 二〇世紀日本の博物館精神史

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中