ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • りゆうがあります
  • りゆうがあります
  • りゆうがあります

  • りゆうがあります
  • りゆうがあります
  • りゆうがあります

りゆうがあります

  • ヨシタケシンスケ/作・絵 ヨシタケ シンスケ
    1973年、神奈川県生まれ。筑波大学大学院芸術研究科総合造形コース修了。日常のさりげないひとコマを独特の角度で切り取ったスケッチ集や、児童書の挿絵、装画、イラストエッセイなど、多岐にわたり作品を発表している。『りんごかもしれない』(ブロンズ新社)で第6回MOE絵本屋さん大賞第1位、第61回産経児童出版文化賞美術賞などを受賞

  • シリーズ名
    わたしのえほん
  • ページ数
    〔32p〕
  • ISBN
    978-4-569-78460-1
  • 発売日
    2015年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

お急ぎ店舗受取りについて

数量:

1,300 (税込:1,404

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 『りんごかもしれない』で大人気のヨシタケシンスケがおくる、親子で笑えるユーモア絵本!

     ぼくは、ハナをほじるクセがある。おかあさんにいつもおこられる。りゆうは、「おぎょうぎがわるいから」だって。ぼくもなにかりゆうがほしい。ちゃんとしたりゆうがあれば、ハナをほじってもいいんじゃないだろうか。

     ぼくがハナをほじるりゆう。それは、ぼくのハナのおくにはスイッチがついていて、このスイッチをたくさんおすと、あたまから「ウキウキビーム」がでるんだ。このビームは、みんなを楽しい気持ちにすることができるんだよ。

     ツメをかんじゃうのは、ツメをくわえて、大人にはきこえない音をだしているんだ。この音は、ゴミすてばのカラスをおいはらうことができるんだよ。

     びんぼうゆすりをしちゃうのは、モグラたちに、今日あったできごとを「モグラ語」で教えてあげてるの。

     子どもたちがついやってしまうクセ、それには、「りゆう」があるんです。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 26cm
対象年齢 幼児

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

男の子なら必ずやってる、これらの行動。親なら、「ある、ある(
´・ω・)。」と、つい顔をしかめてしまいそうなこれらの事を、どうしたら楽しく!?注意出来るのか?が、この本にはいっぱい詰まっています。この年頃の男子の象徴的行動、「鼻をほじる」から始まり、ストローがじがじ、ポケットに要らないものが入って来る等、ラインナップは充実してます。最後にはスペシャルとして、お母さん(女性)の「あるある」的行動の理由が書かれています。どれも、そんな理由があったのか~と、どれも納得してしまう、天才的な理由です(笑)。息子と一緒に読みたいな~と とても思うのですが、今後、注意した時に理由を言われるのかも・・・と考えると、迷います(笑)。でも、親子で楽しめる本なのは間違いないです。子供の行動で叱る事がある時、ついつい理由を聞いてみたくなる一冊です。理由(ヘリクツ)の出来具合によっては、褒めてしまいそうな私です。(子ガメままさん 40代・愛知県 男の子8歳)

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中