ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • かわいいだけじゃない私たちの、かわいいだけの平凡。

  • かわいいだけじゃない私たちの、かわいいだけの平凡。

かわいいだけじゃない私たちの、かわいいだけの平凡。

  • 最果タヒ/著 最果 タヒ
    詩人・小説家。1986年、神戸市生まれ。2006年、第44回現代詩手帖賞を受賞。2008年、『グッドモーニング』(思潮社)で、当時女性最年少の21歳で、第13回中原中也賞を受賞。2014年に出版した『死んでしまう系のぼくらに』で大きな注目を集めた。『群像』『文藝』『早稲田文学』などにて、小説家としても活躍している

  • ページ数
    253p
  • ISBN
    978-4-06-219284-2
  • 発売日
    2015年02月

【お知らせ】2017年11月17日より店舗受取り(送料無料)の条件が変更になりました。
詳しくはこちら

1,500 (税込:1,620

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 少女たちは、いつだって青春を戦っている。どこにでもありそうで、どこにもない、たったひとつの女の子たちの物語。詩集『死んでしまう系のぼくらに』で世界を震わせた、今、最も注目される詩人が紡ぐ、初めての長編小説―。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

詩集『死んでしまう系のぼくらに』で世界を震わせた、
今、最も注目される詩人・最果タヒが紡ぐ、初めての長編小説――。

少女たちは、いつだって青春を戦っている。
==============================
きみがぼくに使うかわいいという言葉が、ぼくを軽蔑していない、その証拠はどこにあるんだろう。好きとも嫌いとも言えないなら、死ねって言っているようなものだと、いつだってきみは、怒っている。ぼくは、きみを好きでも嫌いでもないまま、優しくありたい。かすかな、死の気配でありたい。
愛情で語れる友情は、ただの代替品でしかない。

きみが孤独なふりをするあいだ、ぼくはきみと友達でいる。光る波がおしよせて、ひいていく。きみの足首がぼくと同じで、ただそこにあることを、だれにも証明ができない。
孤独になれば、特別になれると、思い込むぼくらは平凡だ。制服がかろうじてぼくらを意味のあるものにしてくれる。
きみは、どんな大人になるかな。
あたりさわりのない、この世にいてもいなくても変わりない、誰かになるのかな。
幻滅が存在しないのは、友情だけだよ。海が告げる。きみは立っている。
ぼくの友達。
(詩・最果タヒ)
==============================(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • かわいいだけじゃない私たちの、かわいいだけの平凡。
  • かわいいだけじゃない私たちの、かわいいだけの平凡。

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中