ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 時空間を打破するミハイル・ブルガーコフ論

  • 時空間を打破するミハイル・ブルガーコフ論

時空間を打破するミハイル・ブルガーコフ論

  • 大森雅子/著 大森 雅子
    1974年東京都生まれ。東京外国語大学外国語学部ロシヤ・東欧語学科卒業。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。ロシア国立人文大学大学院修了(Ph.D)。日本学術振興会特別研究員(PD,RPD)を経て、現在、東京大学教養学部他非常勤講師。専門は20世紀ロシア文学・ロシア文化

  • ページ数
    446p
  • ISBN
    978-4-86520-010-2
  • 発売日
    2014年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

7,500 (税込:8,100

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 20世紀ロシア文学を代表するブルガーコフの新たな作家像の構築。代表作に共通するモチーフやテーマが、当時のソ連の社会、文化の中でどのように形成され、初期作品から生涯最後の長篇小説『巨匠とマルガリータ』にどのように結実していったのかを明らかにする。
目次
三つの転機
時空間は循環する
悪魔の円環運動
詐欺師の形象
時間を操作する(中篇小説『運命の卵』
中篇小説『犬の心』
戯曲『アダムとイヴ』)
『巨匠とマルガリータ』の時空間とフロレンスキイの宇宙論
『巨匠とマルガリータ』におけるv=cの時空間
『巨匠とマルガリータ』におけるv>cの時空間
二元論を超えて―「第二の転機」から「第三の転機」へ
一九三〇年代のブルガーコフ

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 時空間を打破するミハイル・ブルガーコフ論
  • 時空間を打破するミハイル・ブルガーコフ論

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中