ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 意識は語る ラメッシ・バルセカールとの対話

  • 意識は語る ラメッシ・バルセカールとの対話

意識は語る ラメッシ・バルセカールとの対話

  • ラメッシ・バルセカール/〔述〕 ウェイン・リコーマン/編 高木悠鼓/訳 バルセカール,ラメッシ・S.(Balsekar,Ramesh S.)
    1917年、インドの中流家庭に生まれる。大学を卒業後、銀行に勤めながら、妻と3人の子供を養い、最後は頭取として手腕を発揮する。銀行を退職後、師であるニサルガダッタ・マハラジに出会い、覚醒する。それ以後長年、ムンバイの自宅や欧米で、世界中から訪れる探求者たちの質問に答える日々を送り、2009年9月に92歳で生涯を終える

    高木 悠鼓
    大学卒業後、教育関係の仕事・出版業をへて、現在は翻訳・作家・コンサルティング業(「シンプル道」)を営む

  • ページ数
    699p
  • ISBN
    978-4-86451-147-6
  • 発売日
    2014年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,300 (税込:3,564

メーカーに在庫確認

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 世界中で最も読まれている、ラメッシ・バルセカールの大著、遂に刊行。
    意識の本質、エゴ、心、悟り、解体の非個人的プロセス、選択と意志、グルと弟子の関係、形而上学的な質問、感情について、等、広範なテーマを対話形式で説いています。
目次
はじめに
意識の本質
束縛という幻想

悟り
悟った観点から
解体の非個人的プロセス
選択と意志
為されるべきこと
グルと弟子の関係
形而上学的質問
感情について

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
原題 原タイトル:CONSCIOUSNESS SPEAKS
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 意識は語る ラメッシ・バルセカールとの対話
  • 意識は語る ラメッシ・バルセカールとの対話

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中