ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 大原御幸 帯に生きた家族の物語

  • 大原御幸 帯に生きた家族の物語

大原御幸 帯に生きた家族の物語

  • 林真理子/著 林 真理子
    1954年、山梨県生まれ。1982年エッセイ集『ルンルンを買っておうちに帰ろう』が大ベストセラーに。1986年「最終便に間に合えば」「京都まで」で直木賞、1995年『白蓮れんれん』で柴田錬三郎賞、1998年『みんなの秘密』で吉川英治文学賞を受賞。吉川英治文学賞、柴田錬三郎賞、直木賞、山田風太郎賞、講談社エッセイ賞など選考委員も多数務める

  • ページ数
    187p
  • ISBN
    978-4-06-219184-5
  • 発売日
    2014年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,400 (税込:1,512

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 戦後、着物黄金時代の京都で天才帯屋として名を馳せた男。娘の口によって初めて語られる、一族の濃厚な歴史。林真理子、新たな野心作。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

戦後の京都。着物黄金時代に、考案した帯が飛ぶように売れ、天才と呼ばれた男がいた。娘は七十四歳になって初めて、あまりにも偉大な存在だった父について語る。娘の目を通して見た父の偉大さと意外な温かさ、そして濃厚な家族の歴史を書ききった、林真理子の新たな野心作。


初出:「小説現代」2013年1月号~11月号に連載された作品を改題・加筆修正したものです。

ページの先頭へ

閉じる

  • 大原御幸 帯に生きた家族の物語
  • 大原御幸 帯に生きた家族の物語

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中