ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • トマス・アクィナス肯定の哲学

  • トマス・アクィナス肯定の哲学

トマス・アクィナス肯定の哲学

  • 山本芳久/著 山本 芳久
    東京大学大学院総合文化研究科准教授。1973年生まれ。東京大学文学部卒業。同大学院人文社会系研究科(哲学専門分野)博士課程修了。千葉大学文学部准教授、アメリカ・カトリック大学客員研究員を経て、現職。専攻は、哲学・倫理学(西洋中世哲学・イスラーム哲学)。博士(文学)(東京大学)

  • ページ数
    257,10p
  • ISBN
    978-4-7664-2171-2
  • 発売日
    2014年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,800 (税込:3,024

メーカーに在庫確認

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • キリスト教の教義に基づいた抽象的概念を駆使する難解な神学者として解されてきた、中世最大の思想家トマス・アクィナス。本書では、そのような神学的枠組みを超え、トマスがありふれた日常的な経験である“感情”を微視的に分析し、独自の“人間論”を構築していることを明らかにする。トマス哲学に通奏低音のように鳴り響く、存在するもの全体への肯定と讃美の旋律を描き出し、この世界を肯定的に受けとめ、生き抜く実践的な生の技法を、最大の主著『神学大全』から読み解く、意欲的な一冊。
目次
第1部 肯定の哲学の展開(肯定的な感情の優位―愛、欲望、喜び
困難に対する直面と克服
肯定的な生への促しとしての倫理学
肯定の形式としてのスコラ的方法)
第2部 神学という光源(神に感情は存在するか
キリストの受難―肯定の哲学の原点)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm

ページの先頭へ

閉じる

  • トマス・アクィナス肯定の哲学
  • トマス・アクィナス肯定の哲学

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中