ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 子どもの病気は食事で治す 体質と発達にあわせた食養生と酵素食 葉子先生の育児本

  • 子どもの病気は食事で治す 体質と発達にあわせた食養生と酵素食 葉子先生の育児本

子どもの病気は食事で治す 体質と発達にあわせた食養生と酵素食 葉子先生の育児本

  • 内山葉子/著 内山 葉子
    関西医科大学卒業。大学病院・総合病院で腎臓内科・循環器・内分泌を専門に臨床・研究を行った後、福岡県北九州市で葉子クリニックを開設。現在、同クリニック院長。医学博士、総合内科専門医、腎臓内科専門医、ホメオパシー専門医。全人的な医療に基づき、自然医療や漢方・機能性食品などの補完・代替医療と西洋医学、こころのケアなどを統合的に行い、さまざまな分野の難治性の疾患の診療を日々行っている。2児の母親

  • ページ数
    268p
  • ISBN
    978-4-8282-0573-1
  • 発売日
    2014年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,400 (税込:1,512

メーカーに在庫確認

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • アレルギー、発達障害、肥満・糖尿。ADHD・自閉症と診断されても落ち込まないで!薬だけにたよらず食事と生活環境を変えていくだけでも症状が落ち着くのです。
目次
序章 間違いだらけだった「ベストセラー育児書」(世界的なベストセラーが植えつけた“間違った育児”
“常識”を信じたままだと危ない
内容が一八〇度変わった改訂版は日本では未出版
給食の牛乳をやめた学校では不登校もアトピーも減っている
病気の“本質”を見落としている今の医療
子どものときからの食生活が、“病気大国”日本を変える)
第1章 子どもの年齢によって適した食事がある(胎児の食事―お母さんは何を食べたらよいか
赤ちゃんの食事―最適な食事は何といっても母乳
三歳からの食事―子どもの食物とエネルギー代謝
一五歳からの食事―身体の基盤をつくる)
第2章 こんな子どもの病気の原因に食べ物があった!(異常な行動をする子どもたち―ある種の食べ物や薬が「発達障害」の子を増やす
重金属と添加物は子どもに深刻な害を与える―ワクチン、歯科金属、加工食品は危険な物質
糖と肥満と反応性低血糖症―ジャンクフードと高GI・高糖化食品の怖さ)
第3章 アレルギーは食養生で治す(アレルギーの原因となるものを除去する
遅延型アレルギーは腸を元気にすれば改善する)
第4章 免疫力を高める腸内細菌と酵素(腸―栄養吸収や免疫を左右する最も重要な臓器
免疫―人体を守るスーパー・システム
酵素―体内に二万種類あって猛スピードで働く
サプリメント―正しい食生活をしていることが前提)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 子どもの病気は食事で治す 体質と発達にあわせた食養生と酵素食 葉子先生の育児本
  • 子どもの病気は食事で治す 体質と発達にあわせた食養生と酵素食 葉子先生の育児本

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中