ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • これでいいのか山形県 閉鎖に分断頑固な山形県民とは!?

  • これでいいのか山形県 閉鎖に分断頑固な山形県民とは!?

これでいいのか山形県 閉鎖に分断頑固な山形県民とは!?

  • 岡島慎二/編 土屋幸仁/編 岡島 慎二
    1968年生まれのライター兼編集者。教育関連からギャンブル全般まで手がける

    土屋 幸仁
    1969年生まれ。編集、ライター、フリーター

  • ページ数
    139p
  • ISBN
    978-4-89637-474-2
  • 発売日
    2014年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,300 (税込:1,404

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 閉鎖に分裂 頑固な山形県民とは!?東北地方を縦に分断している奥羽山脈。その西側の山形県と秋田県は「裏東北」とも称されるが、東北きっての大都会・仙台を中心にした「表東北」と比べて、「裏」のほうはさすがに地味……。秋田はまだしも山形は周囲の8割強を高山にかこまれ、今でこそ太平洋側からの横断道が整備されてきたものの、東北の中でも隔絶されていた県であった。山形県民は県民同士でかたまるといわれているが、そうなってしまうのも地勢的には当然の成り行きだろう。だからといって、山形県民全体のまとまりが良いわけではない。その要因になっているのもやっぱり山だ。県内は出羽山地によって内陸部と沿岸部が隔絶されている。気候も東西でまるで違う。さらに内陸部では盆地ごとに生活圏が形成されている。歴史的にも多くの藩や幕領が複雑に交錯しており、強烈な地域間対立こそないものの、場所によって文化が異なるし、住民の気質も違う。隣町なのに言葉がわからないなんてケースもあり、地域ごとの山形県人会がつくられたりしているのも、県より地域の繋がりが濃いから。強引に地域をひとくくりにまとめようとした平成の大合併が不調に終わったのも納得なのだ。地勢的要因によって閉鎖され、かつ分断されている山形は昔、東北の風土特有の貧困に悩まされた。昭和40年代の山形県民の富裕度は全国最低レベルで、それが多くの出稼ぎ者を生み、残された者たちはコツコツと働いた。そんな時代を経て現代の山形の生活は大きく変わった。交通網の発達、開発、企業誘致、巨大商業施設の建設などなど。そうしたことに起因する環境の変化は、保守的で伝統的な山形の社会に何をもたらしているのか?豊かな産物と自然環境に恵まれた山形は、真に「豊穣の地」となり得ているのか?そこのところを本誌中で何とか明らかにしていきたいと思う。
目次
閉鎖に分断 頑固な山形県民とは!?ビンボーだからまじめにコツコツ働くしかない!?
第1章 今の山形はどうやってできた?
第2章 山形県民の素性に迫る!
第3章 県都・山形を擁する村山地域の実力とは!?
第4章 高飛車な米沢じゃまとめ切れない置賜地域
第5章 日本海沿岸の異国!?庄内帝国の苦悩
第6章 忍耐の地・最上地域に平和は訪れるのか?
第7章 「開放」と「交流」が山形を変える!?

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 26cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • これでいいのか山形県 閉鎖に分断頑固な山形県民とは!?
  • これでいいのか山形県 閉鎖に分断頑固な山形県民とは!?

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中