ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 僕はまだがんばれる “不治の病”1型糖尿病患者、大村詠一の挑戦

  • 僕はまだがんばれる “不治の病”1型糖尿病患者、大村詠一の挑戦

僕はまだがんばれる “不治の病”1型糖尿病患者、大村詠一の挑戦

  • 大村詠一/著 大村 詠一
    熊本県菊池郡大津町出身。1986年2月7日生まれ。認定特定非営利活動法人日本IDDMネットワーク専務理事、熊本国府高等学校非常勤講師、西日本短期大学非常勤講師、熊本大学教育学部技術補佐員、熊本県エアロビック連盟理事、エアロビッククラブTeam OHMURA所属

  • ページ数
    155p
  • ISBN
    978-4-88043-437-7
  • 発売日
    2014年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

【お知らせ】2017年11月17日より店舗受取り(送料無料)の条件が変更になりました。
詳しくはこちら

数量:

1,300 (税込:1,404

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 8歳で突然の発症―。10万人に一人の確率といわれる1型糖尿病を発症した著者が、少年時代の絶望を乗り越え、病と向き合いながらエアロビック競技の世界一にまで上り詰めた、夢と希望の感動ストーリー。
目次
第1章 8歳の冬、突然の発症(極度の運動おんち、エアロビックに出会う
8歳の誕生日、食べそこねたケーキ ほか)
第2章 不治の病が、日常になるということ(エアロビック競技人生のスタート
自殺行為 ほか)
第3章 1型糖尿病だって、なんでもできる(夢の中まで、エアロビックざんまい
世界チャンピオンへの道 ほか)
第4章 1型糖尿病のいま(だれにでもわかる、糖尿病の話
予備知識ゼロの人でも、3分でわかる「1型糖尿病」 ほか)
対談 岩田稔×大村詠一―「負けへんで!」病気があったから、ここまで来られた(「低血糖に気をつけていれば大丈夫」大村君の言葉に励まされた
8歳発症(大村)と17歳発症(岩田)。病気の受け止めかたは全然違った ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 僕はまだがんばれる “不治の病”1型糖尿病患者、大村詠一の挑戦
  • 僕はまだがんばれる “不治の病”1型糖尿病患者、大村詠一の挑戦

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中