ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • あの夏、サバ缶はなぜ売れたのか? 仮説を行動、成果につなげるビジネスビッグデータ分析

  • あの夏、サバ缶はなぜ売れたのか? 仮説を行動、成果につなげるビジネスビッグデータ分析

ポイント倍率

あの夏、サバ缶はなぜ売れたのか? 仮説を行動、成果につなげるビジネスビッグデータ分析

  • 大木真吾/著 日経ビッグデータ/編集 大木 真吾
    株式会社博報堂プロダクツダイレクトマーケティング事業本部データベースマーケティング部部長。シニアデータベースマーケティングディレクター。1974年札幌生まれ。東洋大学卒。空間ディスプレイ・内装会社、セールスプロモーション会社等を経て、2005年より博報堂グループに参加。主に営業・施策プロデュースに従事し、2007年から現事業本部にて様々な業種の「戦略設計から実施まで」を対応。ダイレクトマーケティングをベースとした店舗送客・通販・CRMなどのコミュニケーション立案が専門であり、データ分析による「買われ方の可視化」を根拠に戦略設計・PDCA推進に力を入れている

  • ページ数
    198p
  • ISBN
    978-4-8222-7792-5
  • 発売日
    2014年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

お急ぎ店舗受取りについて

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 31の多彩なデータ分析・活用事例から今、知っておくべきビジネスデータ活用の基本を分かりやすく解説!いつもと違う事象が起こった時、そこには必ず何らかの因果が存在します。思わぬヒット商品が生まれた時には、マスメディアが後追いで、この因果を解説してくれるが、もしも、これを事前に把握していたら、どうだろう。次に何が売れるのか、次にどこで売れるのか、次に誰が買うのか―――。こうしたことをいち早く予測できるようになります。本書は、データ分析の結果をいかにして効果のあるアクションへと変換するべきかについて、マーケティング支援の立場から経験を積み重ねて来た著者が、着眼点やコツを分かりやすく解説します。データ活用の重要性は分かっているけれど数式は苦手、データはあるけど思うような成果が出ない、といった方にもぜひお読みいただきたい一冊です。
目次
第1章 日本航空が挑んだデータ分析プロジェクト
第2章 データに語らせる
第3章 顧客は意外なきっかけで動く
第4章 データ分析の効果を捉える
第5章 顧客化力10の発見
第6章 データ分析は思考力・チーム力でライバルの先を行く

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • あの夏、サバ缶はなぜ売れたのか? 仮説を行動、成果につなげるビジネスビッグデータ分析
  • あの夏、サバ缶はなぜ売れたのか? 仮説を行動、成果につなげるビジネスビッグデータ分析

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中