ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 黒澤明と小林秀雄 「罪と罰」をめぐる静かなる決闘

  • 黒澤明と小林秀雄 「罪と罰」をめぐる静かなる決闘

黒澤明と小林秀雄 「罪と罰」をめぐる静かなる決闘

  • 高橋誠一郎/著 高橋 誠一郎
    1949年福島県二本松市に生まれる。東海大学文学部文学研究科(文明専攻)修士課程修了。東海大学教授を経て、現在は桜美林大学非常勤講師。ドストエーフスキイの会、黒澤明研究会、日本トルストイ協会、日本比較文学会、日本ロシア文学会、比較文明学会、日本比較思想学会、世界文学会、ユーラシア研究所、東海大学文明学会、東海大学異文化交流研究会、日本ペンクラブ・環境委員会などの会員

  • ページ数
    302p
  • ISBN
    978-4-86520-005-8
  • 発売日
    2014年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,500 (税込:2,700

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • なぜ映画“夢”は、フクシマの悲劇を予告しえたのか。1956年12月、黒澤明と小林秀雄は対談を行ったが、残念ながらその記事が掲載されなかったため、詳細は分かっていない。共にドストエフスキーにこだわり続けた両雄の思考遍歴をたどり、その時代背景を探ることで「対談」の謎に迫る。
目次
序章 「シベリヤから還つた」ムィシキン―小林秀雄のドストエフスキー論と黒澤明
第1章 映画“白痴”の魅力と現代性―戦争の「記憶」と洞察力
第2章 映画“生きものの記録”と長編小説『死の家の記録』―知識人の傲慢と民衆の英知
第3章 映画“赤ひげ”から“デルス・ウザーラ”へ―『白痴』のテーマの深化
第4章 映画“夢”と長編小説『罪と罰』―知識人の「罪」と自然の「罰」

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 黒澤明と小林秀雄 「罪と罰」をめぐる静かなる決闘
  • 黒澤明と小林秀雄 「罪と罰」をめぐる静かなる決闘

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中