ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • イチゴの基礎知識 生態と栽培技術

  • イチゴの基礎知識 生態と栽培技術

イチゴの基礎知識 生態と栽培技術

  • 森下昌三/著 1951年兵庫県生まれ。74年3月鳥取大学農学部卒業、同年4月農林省野菜試験場久留米支場。中央農業総合研究センター、国際農林水産業研究センター(中国長期在外研究員)、北海道農業研究センター、東北農業研究センターなどを経て、2012年3月に退職。現在、九州沖縄農業研究センター筑後・久留米研究拠点(久留米)で専門員として勤務。この間、「とよのか」「さちのか」などの品種育成に携わるとともに育種技術に関する基礎的研究や開花・結実に関する生態学的研究を行い、1991年に九州大学から学位(農学博士)を授与される。96年には日本園芸学会功績賞、2003年、09年および13年にはそれぞれ年間優秀論文賞を受賞する。著書に『イチゴQ&A―栽培技術早わかり』『中国の野菜』など、その他、共著多数。

  • シリーズ名
    農業の知識シリーズ
  • ページ数
    256p
  • ISBN
    978-4-416-61368-9
  • 発売日
    2014年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

お急ぎ店舗受取りについて

数量:

2,800 (税込:3,024

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • イチゴの栽培に不可欠な生理生態について理解を深められるよう、休眠、花芽分化、花芽の発育などを中心に、豊富なデータをもとに解説している。
    栽培技術では、今日主流となっている促成長期どり栽培の生育ステージと管理作業の要点を中心に取り上げ、高設栽培やクラウン温度制御など注目の技術にも触れている。また、日本国内の端境期の収穫・出荷に向け近年、産地形成、品種開発の進んでいる夏秋どりイチゴについては、イチゴの生理生態との関連、栽培技術に加え、品種の解説、流通上の課題も交えてまとめている。
    その他、長年品種育成に携わってきた筆者ならではの視点から、品種改良の歴史と品種の変遷、交配と育種についても詳しく解説されている。付:一季成り性品種の系統図(1枚)
目次
栽培イチゴの誕生と我が国への伝来
栽培技術の発達と生産量
植物体の各器官と性状
生育ステージと生理生態
果実の品質
品種と育種
促成栽培の品種と栽培技術
夏秋どりイチゴの品種と栽培技術

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • イチゴの基礎知識 生態と栽培技術
  • イチゴの基礎知識 生態と栽培技術

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中