ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 障害児教育という名に値するもの 子ども、教師、家庭をつなぐ実践

  • 障害児教育という名に値するもの 子ども、教師、家庭をつなぐ実践

障害児教育という名に値するもの 子ども、教師、家庭をつなぐ実践

  • ページ数
    158p
  • ISBN
    978-4-88134-285-5
  • 発売日
    2014年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,944

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

目次
はじめに  第1部 笑顔の輝く実践を 第1章 ひとりの人間の真摯な仕事 第2章 ハルカさんのこと 第3章 うれしかったでしょうね、二人で歩きはじめたとき 第4章 その子を抱き上げはしたものの 第5章 どうしたら忘れ物はなくせるでしょう? 第6章 イッちゃんとお母さん 第7章 授業研究会に参加して 第8章 知的障害のある人の人生第2部 授業について語ろう 第1章 子どもたちが真理・真実に接近するために、私たちは授業をする 第2章 知性と感情は、無二の親友のように手を取り合って活動する 第3章 仲間は、知性と感情の共鳴体である 第4章 子どもは時代を越える権利をもっている、それは障害児であっても同じだ第3部 現代日本の教師と障害児家庭 第1章 現代日本で、教師として生きること 第2章 障害児家庭の幸福おわりに

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 教員

ページの先頭へ

閉じる

  • 障害児教育という名に値するもの 子ども、教師、家庭をつなぐ実践
  • 障害児教育という名に値するもの 子ども、教師、家庭をつなぐ実践

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中