ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 緋色の髪の乙女

  • 緋色の髪の乙女

緋色の髪の乙女

  • キャロル・モーティマー/作 清水由貴子/訳 モーティマー,キャロル(Mortimer,Carole)
    14歳の頃からロマンス小説に傾倒し、アン・メイザーに感銘を受けて作家になることを決意。コンピューター関連の仕事の合間に小説を書くようになり、1978年、みごとデビューを果たした

  • シリーズ名
    ハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル PHS92
  • ページ数
    252p
  • ISBN
    978-4-596-33192-2
  • 発売日
    2014年08月

824 (税込:890

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • エレノアは遠縁の公爵ジャスティンを密かに慕っていた。ある日、社交界デビューが決まり、彼が後見人と知ってショックを受ける。まさか私の花婿探しを、彼がするだなんて……。
     
    ◆ひた隠しにしてきた片想いが、こんな形で砕け散るとは……。◆1年前に事故で両親を亡くし天涯孤独になったエレノアは、遠縁の公爵未亡人のもとに身を寄せ、話し相手を務めている。そんな彼女が寝ても覚めても頭に思い描くのは、公爵未亡人の孫、ジャスティン――経験豊かな金髪碧眼の公爵だ。しょせんは身分違いの片想いだと自分を戒めるエレノアに、ある日、社交界デビューの話が持ち上がった。しかも公爵未亡人が後見人に指名したのは、なんとジャスティン。彼女がきちんと嫁げるよう持参金を用意してやると話す彼の、どこか面白がっているような様子に、エレノアは傷ついた。彼は適当な花婿を見つけて、私を追い払おうとしているんだわ!■『碧の瞳の家庭教師』と『伯爵との消えない初恋』の関連作です。社交界デビューをともにして以来親友同士の老婦人が、独身を謳歌する孫たちの花嫁探しに頭を悩ませる物語もいよいよ本作でラスト。C・モーティマーが描く華麗な貴族の恋愛模様をご堪能ください。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 17cm
原題 原タイトル:NOT JUST A WALLFLOWER
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

入荷 発売日お知らせ

メールアドレス

    • ドメイン指定受信をされている方は、「@omni7.jp」を受信できるように指定してください。
  • 商品入荷後メールでご連絡いたします。
  • 当サービスは予約ではありません。
  • 商品入荷後、メールにてご連絡いたします。その際にご注文なさるかご検討ください。
  • 人気商品は注文が集中する為、すぐに品切れになる場合があります。
  • 入荷待ちの場合、「入荷お知らせ」ボタンが表示されている場合、ご登録いただきますと、入荷時にご連絡いたします。
  • 在庫状況は常に変化している為、随時変更する場合があります。
  • お知らせを受取りたいメールアドレスをご選択ください。
  • 商品の予約(注文)の日付が決まりましたらメールでお知らせします。
  • メールアドレスに間違いがないかご確認の上、「登録する」ボタンを押してください。

閉じる

  • 緋色の髪の乙女
  • 緋色の髪の乙女

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中