ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 林業新時代 「自伐」がひらく農林家の未来

  • 林業新時代 「自伐」がひらく農林家の未来

林業新時代 「自伐」がひらく農林家の未来

  • 佐藤宣子/編著 興梠克久/編著 家中茂/編著 佐藤 宣子
    1961年福岡県生まれ。九州大学大学院農学研究科博士課程修了。大分県きのこ研究指導センター研究員、九州大学助手、同助教授などを経て、九州大学大学院農学研究院教授

    興梠 克久
    1968年宮崎県生まれ。九州大学大学院農学研究科博士課程修了。財団法人林政総合調査研究所・研究員、九州大学大学院農学研究院・助教を経て、筑波大学生命環境系・准教授

    家中 茂
    1954年東京都生まれ。関西学院大学大学院社会学研究科博士課程後期課程単位取得退学。沖縄大学地域研究所を経て、鳥取大学地域学部准教授。村落社会学・環境社会学、生活の視点からの環境研究、生成するコモンズ論

シリーズ地域の再生

  • シリーズ名
    シリーズ地域の再生 18
  • ページ数
    292p
  • ISBN
    978-4-540-09231-2
  • 発売日
    2014年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,600 (税込:2,808

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 1章では佐藤が林業経済学の立場から農林業センサスで「自伐林業」の抽出を試み、「自伐林家」の政策的な位置づけを考察。また、専業的な農林家の活動を多角的に紹介することで、「自伐林家」が果たしている山村社会での役割の大きさを指摘。
目次
第1章 地域再生のための「自伐林業」論(「自伐林業」論の背景
再生プランの論争点―山村振興と「自伐林家」の位置づけ ほか)
第2章 再々燃する自伐林家論―自伐林家の歴史的性格と担い手としての評価(農林複合経営の特徴―持続性視点
低コスト林業への「二つの道」―生産性視点 ほか)
第3章 自伐林家による林地残材の資源化―「土佐の森」方式・「木の駅プロジェクト」を事例に(「土佐の森」方式・「木の駅プロジェクト」の仕組み
「土佐の森」方式・「木の駅プロジェクト」の類型区分と活動実態 ほか)
第4章 運動としての自伐林業―地域社会・森林生態系・過去と未来に対する「責任ある林業」へ(土佐の山間から―始まりへの予感
日本の森林の現実と研究および政策との乖離 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 林業新時代 「自伐」がひらく農林家の未来
  • 林業新時代 「自伐」がひらく農林家の未来

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中