ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 対話が生まれる教室 居場所感と夢中を保障する授業

  • 対話が生まれる教室 居場所感と夢中を保障する授業

対話が生まれる教室 居場所感と夢中を保障する授業

  • 秋田喜代美/編集 秋田 喜代美
    東京大学大学院教育学研究科教授。博士(教育学)。東京大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学。専門は、教育心理学、保育学、授業研究。日本保育学会会長、文部科学省中央教育審議会初等中等教育分科会教育課程部会委員などを務める。人が育つ制度的な場としての保育所や幼稚園、小・中学校での園内研修や授業検討会に参加しながら教育実践研究に取り組んでいる

  • ページ数
    183p
  • ISBN
    978-4-87380-444-6
  • 発売日
    2014年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,000 (税込:2,160

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 子どもが自分の本当の言葉を語ることができる場所としての教室、そこでの夢中になり没頭できる時間を子どもたちにいかに保障するか、その授業・カリキュラムとそれを支える授業研究の在り方を追究。
目次
第1章 居場所感と夢中を保障する教室のデザイン原理(教育の質と授業過程:居場所感と没頭という視点
聴き合う関係と存在としての声
援助要請と協働学習 ほか)
第2章 対話が生まれる授業とカリキュラム(学び合うための学習習慣を創り出す授業
対話で読み深める国語授業―小学校1年「たぬきの糸車」
自分との対話を通して成長に気付く生活科単元―小学校2年生・生活科「目ざせ!生きもの名人」 ほか)
第3章 居場所感と夢中を支える授業研究(豊かな対話が生まれる校内研修のために
教師の授業づくりへの意欲を高める校内研修
保幼小の教員がともに検討する授業研究 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 教員

ページの先頭へ

閉じる

  • 対話が生まれる教室 居場所感と夢中を保障する授業
  • 対話が生まれる教室 居場所感と夢中を保障する授業

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中