ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 先生、ワラジムシが取っ組みあいのケンカをしています!

  • 先生、ワラジムシが取っ組みあいのケンカをしています!

先生、ワラジムシが取っ組みあいのケンカをしています!

  • 小林朋道/著 小林 朋道
    1958年岡山県生まれ。岡山大学理学部生物学科卒業。京都大学で理学博士取得。岡山県で高等学校に勤務後、2001年鳥取環境大学講師、2005年教授。専門は動物行動学、人間比較行動学

  • シリーズ名
    鳥取環境大学の森の人間動物行動学
  • ページ数
    233p
  • ISBN
    978-4-8067-1475-0
  • 発売日
    2014年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,728

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 黒ヤギ・ゴマはビール箱をかぶって草を食べ、コバヤシ教授はツバメに襲われ全力疾走、そして、さらに、モリアオガエルに騙された!自然豊かな大学を舞台に起こる動物と植物と人間をめぐる、笑いあり、涙ありの事件の数々を人間動物行動学の視点で描く。
目次
森のダニは水のなかでも1カ月以上も生きる―ミズダニでもないのに!これはすごい発見だ!?
モモンガが巣から滑空する姿を見るモモンガエコツアーはいかがですか?―モモンガに嫌われた“小林式オリジナル巣箱”!?
大学の建物を生息地にするツバメたち―ある初夏、ツバメに襲われ50メートル走って逃げた話
ナガレホトケドジョウの二つの生息地にせまるそれぞれの危機―人はその生息を知ることなく、一方は手を加え、他方は手を引き
イモリやモリアオガエルの棲む池やモモンガの森での学生実習の話―学生に助けられたり、学生にまんまと騙されたりした話
ヤギ村長の環境教育村―学生たちは何を得てくれただろうか
鳥取環境大学“ツタ”物語―いや、いろんなことがありました
ゴマという黒いヤギの話―鳥取環境大学ヤギ部はこれからも頑張ります

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 先生、ワラジムシが取っ組みあいのケンカをしています!
  • 先生、ワラジムシが取っ組みあいのケンカをしています!

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中