ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 伊勢湾地域古代世界の形成

  • 伊勢湾地域古代世界の形成

伊勢湾地域古代世界の形成

  • 伊藤禎樹/著 伊藤 禎樹
    1935年、名古屋市生まれ。南山大学大学院中退。書店、貸ビル業を営みながら市民として考古学を研究する。遺跡の保存や市民の学習運動にも広くかかわる

  • ページ数
    402p
  • ISBN
    978-4-939042-95-9
  • 発売日
    2014年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,200 (税込:3,456

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 尾張から照射する古代日本と東アジア。対峙するオワリとヤマト。
目次
序編 原始古代の尾張(旧石器・縄文・弥生時代の名古屋市北区
古噴時代の名古屋市北区)
第1編 伊勢湾地域における古代世界の形成(伊勢湾と「海つ道」
濃尾地方の弥生文化の形成
濃尾地方における弥生時代の石器の問題
朝日遺跡の漁撈具をめぐって
伊勢湾地方の弥生時代の集落
伊勢湾周辺の弥生時代の墓制
尾張の大型古墳)
第2編 伊勢湾地域と東アジア(美濃鎧塚古墳の陶質土器
尾張正木町遺跡出土の初期須恵器
東海地方の五世紀のカマド
豊田市神明遺跡の初期恵須器
尾張型恵須器の出現
濃尾の鉄・陶質土器)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 伊勢湾地域古代世界の形成
  • 伊勢湾地域古代世界の形成

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中