ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • エル・アラメインの決戦

  • エル・アラメインの決戦

エル・アラメインの決戦

  • 齋木伸生/著 齋木 伸生
    1960年、東京生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業、同大学院法学研究科修士課程修了、博士課程修了。経済学士、法学修士。国際関係論を研究。ソ連軍・フィンランド関係とフィンランドの安全保障政策が専門。軍事・兵器に関しては陸海空に精通。とくにソ連兵器と世界の戦車のエキスパート。艦船模型サークル「ミンダナオ会」所属

  • シリーズ名
    光人社NF文庫 さN-825 タンクバトル 2
  • ページ数
    413p
  • ISBN
    978-4-7698-2825-9
  • 発売日
    2014年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

860 (税込:929

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 伝説の英雄“砂漠の狐”エルヴィン・ロンメルの戦い!「パンツァー、マールシュ!」砂塵を巻き上げ疾駆するアフリカ軍団―つねに最前線に立って陣頭指揮をとった闘将の機知戦略とは!?手に汗にぎる戦車戦のかずかず!
目次
第1部 北アフリカの戦い(不死鳥「ロンメル戦車軍団」の逆襲―一九四二年一月二一日~二月六日キレナイカ再奪取戦
再開されたロンメル軍団の攻勢―一九四二年五月二六日~六月一日ガザラの戦いその1
「大釜」から飛び出した精鋭戦車軍団―一九四二年五月三一日~六月一五日ガザラの戦いその2
ロンメル元帥の新たなトロフィー―一九四二年六月二〇日~二一日トブルク攻略戦
ナイルへの道を疾駆するアフリカ軍団―一九四二年六月二六日~二七日マルサ・マトルーの突破 ほか)
第2部 ロシア南部の戦い(錯誤と誤算で始まったクリミアの戦い―一九四二年三月二〇日~四月一日コルペシャの戦い
包囲鐶のなかで撃滅されたソ連南西総軍―一九四二年五月一二日~二九日第一次ハリコフの戦い
ヒトラーの壮大な賭け「ブラウ作戦」発動―一九四二年七月六日~一三日ヴォロネジ攻防戦
こじ開けられたコーカサスへの扉―一九四二年七月二五日~二六日ロストフの占領
コーカサスを疾駆した快速機甲軍団―一九四二年七月~一一月第四〇機甲軍団の奮戦 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 16cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • エル・アラメインの決戦
  • エル・アラメインの決戦

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中